大学受験用:全訳演習 No.5 -1


内容の取り違いが多いので、訳例をあげておきます。

The word 'history' has two senses: what happened in the past, and what we say in the present about what happened in the past. 「歴史」という言葉には2つの意味がある:過去に起こった出来事という意味と過去に起こった出来事について、現在の私たちが採用している解釈という意味である。In the first sense, history as past events is imagined as a country stretched out 'behind' us which we could visit if only we had a time-travel machine.前者の意味において、歴史(過去の出来事としての)は、私たちの「背後」から遠くまで延び拡がる国、タイムマシーンさえあれば飛んでいける国、のようなものと理解されている。 History as the surmises, interpretations and narratives constructed today is based on what those past events left for us -it survives in the form of documents, letters, diaries, ruins unearthed by the archaeologist, artefacts known or judged to be old. (後者の)現在までに考えられてきた、推測や解釈や物語としての歴史は、そうした過去の出来事が私たちに残してくれたものからできあがっている。それは 文書、書簡、日記、(考古学者が発掘した)遺跡、(歴史的なものだと言い伝えられてきたか、そうした鑑定が出ている)遺物、のような形で残っている。These are the residue of what has otherwise gone; historians study and arrange them, like pieces of an incomplete jigsaw puzzle, in order to fashion a coherent story. これらは、滅んでしまったものが残した断片なのである。歴史家はこれら(断片)を使って、完成することのないジグソーパズルに挑戦しているのである。筋書きがしっかりとした物語の輪郭だけでもなぞりたいのだ。History, in the sense of past time, is accessible only through history in the sense of today's incomplete jigsaw puzzle; we can get at it in no other way. 歴史は、過ぎ去った過去のことであるから、今日の、完成することのないジグソーパズルとしての歴史を採用しないことには、歴史を語ることはできない。ほかに歴史を語る方法などないのだ。

Among the indispensable resources of the historian are contemporary accounts of past events written by witnesses. 歴史家にとって、なくてはならない資料の中には、当時の目撃者たちによって書かれた、過去の出来事の記録がある。Of course these accounts have to be approached with scepticism; the historian must remember the human inclination to dramatise, enlarge a share or minimise a responsibility, write with bias, distort the facts whether deliberately or unconsciously, 'spin' the events or tell outright lies. もちろん、こうした記録を使うときには疑って見ることを忘れてはならない。大げさに表現する癖、自分の関与を強調する癖、さもなければ、自分の責任を他に転嫁する癖、偏見を持って書く癖、意識的であろうと無かろうと事実を歪曲する癖、出来事を「捏造する」癖、なんなら、真っ赤な嘘付く癖、のような習性を、人間がもっていることを歴史家は忘れてはならない。Even so, first-hand reports are valuable and important. とはいうものの、実際に体験した人間による報告は貴重かつ重要である。Without diaries and reports, memoirs, newspapers and other contemporary records, historians would have a very hard if not impossible time. 日記、報告書、回想録、新聞、そして当時を記録したものが他にも全く残されていなれば、歴史家は手も足も出ないということはないだろうが、苦戦することは確かだ。This was what Thomas Carlyle had in mind when he defined history as 'a kind of distilled newspapers', though of course he thereby ignores the task of checking and interpretation that the historian uses to turn those records into an organised whole. これは、トーマス・カーライルが歴史を「一種の蒸留された新聞」と定義したときに彼が考えていたことでもある。ここでの彼は、もちろん、歴史家がそうした記録をまとまった一つのものに仕上げるのに行った、検証と解釈という作業のことを見落としているわけだが。Moreover a great deal of the raw material used by historians consists of other less interesting factual records, such as lists of names, account books, legal documents, and the like; a far cry from, say, diary entries and personal letters, reportage and memoir.あえて付け加えれば、歴史家の用いる、膨大な量の資料は上記の資料と異なり、名簿、帳簿、法律文書、あるいは、これらに類似したもの(これらは,たとえば、日記の文章、私信、報道記事、回想録とは全く異なる)のような余り興味を引かない事実の記録からなっている。

It is these latter accounts, though, that give the freshest and most vivid impression of the past, however much spin and bias they contain. しかし、今述べた資料こそが、たとえどんなに多くの歪曲や偏見を含んでいても、最も新鮮で、鮮烈な印象をもたらしてくれるのである。The documentary raw material of history has the immediacy of presence, the directness that characterises communication from someone who was there and felt and saw the things reported文書形式の歴史資料には、臨場感、つまり、現場にいて、報告されている物事を見たり感じたりした人の語り口に、特有の生々しさがある。

略 →Any policeman will tell you that four witnesses at the scene of an accident will give four different stories of what happened; so we must accept that every contemporary account is one person's account特定の個人による記述, filtered through~のフィルターを通した subjectivity and the often unreliable channel of memory.しばしば、脈絡が怪しい記憶 ←

Nevertheless it is impossible not to be gripped, absorbed and often moved by letters, diaries and court records. そうであるにもかかわらず、手紙、日記、裁判記録を読んでいるうちに、それらに興味を持ったり,のめり込んだり、しばしば心を動かされたりすることがあってもおかしくはない。It is a quite different experience from reading novelised versions of the events, and even historical accounts of them. それは、史実を歴史小説で読むこととも、さらには歴史書で読むこととも、全く違った経験だからである。The consciousness that the writer was there makes a big difference. 作者が現場にいると自覚していることが大きな違いを産むのだのだ。If, as you read, you recall the cynical view of Santayana that 'history is a pack of lies about events that never happened told by people who weren't there', you might not be able to resist a smileもし、あなたが、これらの文書を読んでいるときに、「歴史とは、起こってもいない出来事について、その場にいなかった人々によって語られた、嘘の寄せ集めである」というサンタヤーナのシニカルな見解を思い出すことがあれば.微笑まずにはいられないだろう。 He meant today's historians writing about the past; but the same applies to the creators of their resources. 彼は、過去について語る、現代の歴史家のことを言っているのだ。しかし、同じことが、歴史家が使う資料を作った人たちにも当てはまる。Some letters and diaries might indeed be a pack of lies, and their authors might not really have been where they claimed to have been -but it is reasonable to suppose that most are the authors' version of the truth.実際、手紙や日記の中には、嘘からできあがっているものがあるかもしれないし、作者たちがいたと主張する、その場所に、彼らは本当はいなかったのかもしれない。しかし、そのほとんどは、作者なりの真実であると考えるほうが賢明だ。And the fact that they were written close to the described events makes them compelling. そして、(描写されている)出来事の間近で、それらは書かれたという事実こそが、それらを魅力的にしているのである。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ