8月29日英語演習「サンプリング」訳


内容把握が目的ですので、訳は直訳です。

各段落の問いに答えながら,読み進めなさい。

①Most of what we learn about the world is obtained from information based on samples of what we are studying -- samples of, say, rock formations, light from stars, television viewers, cancer patients, whales, or numbers. Samples are used because it may be impossible, impractical, or too costly to examine all of something, and because a sample often is sufficient for most purposes.
我々が世界について学ぶことのほとんどは,我々が調べる標本(サンプル),例えば岩石組成,星からの光,テレビ視聴者,癌患者,クジラ,又は数などの標本に基づく情報から得られるものである。標本が使われるのは,対象をすべて調べることが、不可能だったり、非現実的だったり、あまりに費用がかかりすぎるからであり、また(大半の目的に)標本で十分用が足りることが多いからである。

②In drawing conclusions about all of something from samples of it, two major concerns must be taken into account. First, we must be alert to possible bias created by how the sample was selected. Common sourcesof bias in drawing samples include convenience (for example,A), self-selection (for example,B), failure to include those who have dropped out along the way (for example,C), and D.

A~Dに相応しい名詞句を下から選べ。
・deciding to use only the data that support our preconceptions
・studying only people who volunteer or who return questionnaires
・testing only students who stay in school or only patients who stick with a course of therapy
・interviewing only one's friends or picking up only surface rocks

標本から対象すべてについての結論を引き出す際に,二つの問題点を考慮する必要が
ある。第一に,標本の選び方に関して起こりうる偏りに注意しなければならない。標本を選ぶ際によくある偏りの要因には,便宜性(例えば自分の友人だけに意見を聞いたり,地表の岩石だけを採取するなど),*自己選択(例えば,自発的な参加者やアンケートに回答した人々だけを調べるなど),離脱した対象の除外(例えば,在学中の生徒だけを調べる,一定の診療コースを受診し続けている患者だけを調べるなど),あるいは予想を裏付けるデータだけを用いることなどが含まれる。

 *西村註;店で客が品物を自由に選べること(商方式)を指す。ただし、自由といっても商品は店が並べた商品である。

③A second major concern that determines the usefulness of a sample is its size.
以下、文脈をたどって並べかえよ。

・For example, for samples chosen at random, finding that 600 out of a sample of 1,000 have a certain feature is much stronger evidence that a majority of the population from which it was drawn have that feature than finding that 6 out of a sample of 10 (or even 9 out of the 10) have it.
・This is because the larger a sample is, the smaller the effects of purely random variations are likely to be on its summary characteristics.
・On the other hand, the actual size of the total population from which a sample is drawn haslittle effect on the accuracy of sample results.
・The chance of drawing a wrong conclusion shrinks as the sample size increases.
・If sampling is done without bias in the method, then the larger the sample is, the more likely it is to represent the whole accurately.

A random sample of 1,000 would have about the same margin of error whether it were drawn from a population of 10,000 or from a similar population of 100 million.
標本の有効性を決定するもう一つの主な問題点は,その規模である。
・方法として偏りなく標本抽出が行われる場合,標本数が多いほどその示すデータの全体的な正確性が増していく。
・これは,標本数が多くなるほど,純粋に不規則な散らばりが結論の中身に及ぼす影響は小さくなるはずだからである。
・誤った結論を導き出す可能性は,標本の規模が大きくなるほど低下する。
・例えば,無作為に抽出した標本に関して,1,000のうち600に一定の特徴が見られる場合,それは,10のうち6の標本に(または10のうち9であったとしても)同様の特徴が見られる場合よりも,標本を抽出された母集団の中の多数がそうした特徴を持つことのより強力な裏付けとなる。
・他方で,標本を抽出された母集団の実際の大きさは,標本の結果の正確さにほとんど影響しない。

1,000の無作為な抽出は,それが1万の母集団から抽出されたものであれ,1億程度の母集団から抽出されたものであれ,ほぼ同程度の誤差の範囲を持っている。


原文2005 Oxford University Press

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ