質問:必要十分条件


hitsuyou.jpg
 
質問:スとセは大丈夫です。ソとタは何を考えていいのかもわかりません。

回答:教科書の「連立方程式の表す領域」だと気づきましょう。
    各条件をグラフにすれば、同値ぐらいはすぐわかります。

   a+b=11・・・aとbの和が11になる関数(一次関数)
   a+b=10・・・aとbの和が10になる関数(一次関数)
   ab=24 ・・・aとbの積が24になる関数(反比例)

   aをx軸、bをy軸にとりました。

 格子点の数を探る問題なので、丁寧にグラフを描くことです。

 私のグラフは後で・・・。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ