全訳演習:How multiculturalism fails immigrants(3)


Multiculturalism, therefore, had made life easier for a number of institutions and authorities—if only because it allows connections between social, political and economic conditions to be sidestepped. Meanwhile the interests and aspirations of the ethnic minorities have invariably been ignored. Even worse, the fact that multiculturalism is now integral to the right-left divide in British politics has spawned its own pattern of damage. In my own experience of discussing funding and sponsorship, or reporting on the progress of cultural projects and programmes, it is clear that subsidies and patronage, especially in the context of local authority funding, may now depend on which side you’re on.

その結果、多文化主義を採用したおかげで、数多くの制度や公共機関を、以前よりも利用しやすくなった。ただ、社会、政治、経済の諸条件が複雑に絡み合うのを多文化主義によって排除することができただけかもしれないが。一方、少数民族の関心と願いは相変わらず無視され続けた。さらに悪いことに、実は、多文化主義が今やイギリス政治(を左派と右派に二分する)の一大特徴となり、これがイギリス特有の痛み(費用負担)を次々と作り出しているのである。基金や支援について議論したり、文化的なプロジェクトやプログラムの進捗状況をレポートしたことがあるが、とりわけ、地方公共団体を背景にしている場合、どちらが与党であるかによって補助金や後援資金の支出のされ方は全く違ってくることは目に見えている。

In an argument reminiscent of the Bigendians and Littleendians in Gulliver’s Travels, the struggle for official support among competing (and arbitrary) groups has sparked off intense division and backbiting—decimating a generation of black and Asian leadership, and suppressing intelligent debate about political directions among migrants. This is perversion of multiculturalism. Instead of promoting freedom of expression, it has become a gold standard of political conformity—operating most effectively as a weapon for chastising individuals who break ranks.

ガリバー旅行記(1720~)のBigendians高踵党とLittleendians低踵党(山川『詳説世界史』p.206:トーリー党とホイッグ党のこと、前者は地主階級を、後者は商工業者)の利害を代表した)を彷彿とさせる論争の中で、公費の支援(オフィシャル・サポート)を両者(どちらにも属さない派と)で奪い合う戦いが、分裂と陰口の応酬をもたらした。そして、黒人やアジア人の指導者の年齢が下がっている。さらに、(そのことが、)移民間で政治の方向性ついて冷静に議論することを難しくしている。多文化主義はねじ曲げられてしまった。表現の自由を推進するのではなく、政治的に一致しているかどうか(を確認するため)の判断基準になってしまっている―これは、意見を異にする個人を懲らしめるための武器としてきわめて効果的に機能する。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ