高3入試問題演習:遜志斎集


名古屋大学(2015)
3番 漢文 

明代の朱子学者 方孝孺の「遜志斎集」
2015nagoya jp q_032015nagoya jp q_022015nagoya jp q_01


注意点


1 上の意味の違い
を望むこと過だ深きに在り
の爵禄は、賢者を待つ所以にして

2 主語は?
は求むる所より生じ、は用ふる所より生ず
鄙も貪も悪い意味だの見当はつく。
ひなびた、むさぼる の知識は機能しないと思う。
之を求めて其の道を尽くせば、則ちなる者も化す可し
之を用ふること其の才に当たれば、則ちなる者も消ゆる可し



shitaruno.jpg


| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ