英語演習;早大社学5番(2012年)


In rich countries the advertising slogan "There's an app for that!" has become a description of reality: online stores for applications that run on smartphones now boast hundreds of thousands of apps and billions of downloads. More surprisingly, the words have started to ring true in the poor world as well. Since mobile phones have become widespread there, services that go beyond voice and text messages are multiplying facilitating everything from transferring money to identifying fake goods and logistics to the mapping of natural disasters.
豊かな国では、広告の文句「~の専用アプリ誕生!」が現実のものになってきた。スマートフォン上で動作するアプリケーションのオンラインストアが、何十万ものアプリと何十億ものダウンロード数を誇っている。もっと驚くべきことに、貧しい世界でもこの文句が本当に真実味を増してきている。携帯電話がここでも普及してきたので、音声やテキストメッセージを超えたサービスが、(お金の移動から、偽造品や物流の特定、自然災害の地図作成にいたるまで)ありとあらゆるものを便利にするために増殖しているのだ。

To be sure, these services still only number in the hundreds and most are delivered via simple mobile phones. But should they take off, their impact could be momentous for the development of poor countries. They make bad physical infrastructure less of a problem; they connect the world's poor to the digital economy; they help them learn; they give them a voice; they cut out middle-men, Yet for mobile services to have the truly transformative effect they might, aid organisations, telecoms operators and
governments have to get behind them.
確かに、これらのサービスは依然として数百にすぎず、ほとんどがシンプルな携帯電話を介して配信される。しかし、こうしたサービスが軌道に乗れば、その影響は大変なものになる可能性がある。ひどいインフラも問題にならない。それらは世界の貧困層をデジタル経済に結びつける。彼らが学ぶのを助ける。彼らに声をあげさせる。中間マージンを省く。しかし、モバイルサービスが真に変化を達成するためには、援助機関、通信事業者および政府は、それらを支援しなくてはならない。

Unfortunately, most of these services, however promising, appear stuck in the pilot phase. Few seem able to scale up enough to really make an impact. They are too dependent on donor money. They have neither the capital nor the technology to grow beyond their initial market, Worst of all, their founders often lack the business skills to market the offerings effectively and make money from them.
残念ながら、これらのサービスのほとんどは有望だが、試験段階で行き詰まっているようだ。実際に影響を及ぼすのに十分にスケールアップできていないようだ。寄付金に依存しすぎている。彼らには資本もないし、初期の市場を成長させる技術もない。最悪の場合、創業者にはしばしば、効果的に商品を販売し、それらからお金を稼ぐビジネススキルが不足している。

Ultimately, it will be up to clever entrepreneurs to overcome these barriers. But others must help. Start with aid organisations. Their seed money is often needed to get a service off the ground. Yet instead of creating yet another mobile-services project, as many do, they should focus on funding much-needed research on the impact of mobile services and on spreading knowledge to stimulate entrepreneurship.結局のところ、これらの障壁を克服することは賢い起業家に一任されるだろう。しかし、他のものたちも助けなければならない。支援機関から始めよう。彼らの資金がしばしばサービスを離陸させるために必要なのだ。しかし、さらに別のモバイルサービスプロジェクトを作成するのではなく、多くの企業がやっているように、モバイルの影響力に関する、さらに必要となる研究に、そして、起業家精神を刺激するための知識の普及に、資金を集中投下するべきだ。

Telecoms operators, too, need to change their approach. They often try to do everything themselves. Instead they should turn their networks into platforms on top of which others can build services. This would include launching app stores and providing basic services that more complex offerings need, such as payment and identity. Operators should also support mobile services with reduced rates. In Bangladesh, for instance, carriers agreed to halve the price of airtime for English lessons people can listen to on mobile phones. As a result, the service, called BBC Janala and sponsored by the BBC
World Service Trust, has now 1.2 million regular users. 通信事業者も、そのアプローチを変える必要がある。彼らはしばしばすべてを自分たちでやろうとする。そうではなくて、彼らのネットワークを他の人がサービスを構築することができるプラットフォームの上に置くべきだ。これには、アプリストアの立ち上げと支払いや本人認証などのような、より複雑なサービスに必要な基本サービスの提供が必要になるだろう。経営者は安価な料金でモバイルサービスを提供すべきだ。たとえば、バングラデシュでは、通信業者は、人々が携帯電話で聞くことができる英語レッスンの放送時間の料金を半額にすることに合意した。その結果、BBCジャナラと呼ばれる、BBCが後援するサービスWorld Service Trustは、現在120万人の正規ユーザーを抱えている。

Yet it is governments that must do most. In many countries, mobile communications are still much more pricey than they need be, making them unaffordable for many. In some, not enough radio spectrum is made available, in particular for next-generation networks. In others, governments pile on taxes; in sub-Saharan Mrica, for instance, the ratio of mobile-related tax to operator revenues exceeds 30%. Another reason for high rates is that in some countries there is not enough competition. Incumbent operators are often the only player at the table with a well-trained and well-paid staff- and are thus able to shape telecoms policy. In Kenya, for instance, rates have dropped steeply since the company named Bharthi Airtel, which pioneered rock-bottom rates in India, has aggressively moved into this market (although there needs to be some regulation of speed as well as price).
それでも、最も責任が重いのは政府である。多くの国では、移動体通信は彼らの経済能力よりもずっと高価であり、多くの人にとって手の届かないものになっている。いくつかの国では、十分な電波スペクトル(高い周波数?)が、特に次世代ネットワークのために利用可能になっていない。他の国々では、政府は税金をどんどんあげている。例えば、南サハラのマリカでは、モバイル関連税と事業者収入の比率は30%を超えている。高いもう一つの理由はいくつかの国では十分な競争力がないということだ。現職の経営者は多くの場合、十分に訓練され、十分賃金の高いスタッフのいるテーブルで(賭をする)(その国に)1人しかいないプレーヤーであり、したがって(はじめて)電気通信政策を作ることができる。例えば、ケニアでは、課税率が急激に下落している。Bharthi Airtelという会社、ここがインドの最低価格を更新したのだが、強引にケニヤの市場に参入してきた(ただし、価格だけでなく速度の規制が必要になってはいるが)からだ。

At the same time, governments should use mobile services themselves whenever they can, not least to make their bureaucracies more efficient. In the Indian state of Andhra Pradesh, a clever combination of a mobile phone, a fingerprint reader and a small printer is used to disburse welfare payments and pensions directly- cutting out the middleman, often a corrupt local official who takes a cut. Governments should also support the development of "innovation hubs", such as the iHub in Nairobi, which has become the place to be for many African start-ups.
同時に、政府は、特に、官僚制度をより効率的にするために、モバイルサービスをいつでも自分たちで使うことができるようにすべきだ。インドのAndhra州プラデシュでは、携帯電話、指紋リーダー、小型プリンターの巧妙な組み合わせが、厚生年金や年金を直接支払うために使われている。仲介人(よくいるしばしば腐敗した地方公務員)を排除して。政府も、ナイロビのiHubなどのような、「イノベーションハブ」の開発にも支援の手を貸すべきだ。そこは多くのアフリカの新興企業のための場所になっている。

Mobile services are certainly no cure-all for the ills of poor countries. But they could provide them with a huge boost, if more were done to remove the obstacles to their wider adoption.
モバイルサービスは、確かに貧しい国の病気を治癒させることはない。しかし、より広く採用するときの障害を取り除くためにもっと多くのことが行われれば、彼らは大きな恩恵を受けることができるだろう。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ