アルファベットは、「筆記体」をこそ・・・(2)


スティーブ・ジョブズが世に送った、手による美しいフォント群を内蔵したPCやスマートフォン、
皮肉なことに、これらのせいで、自筆(のはがき・手紙)文化は今や瀕死状態だ。

だが、ここは瀕死の自筆文化を嘆くのにふさわしい場所ではないし、
また、当方には、その知見もない。

ただ、アルファベットという長い歴史を持った文字の筆記体を英語入門者に
教える必要がないという判断の根拠を知りたいだけだ。



次に、紹介する文章は

Handwriting key to education
by Raina Kelly
「ハンドライティングこそ教育の生命線」
レーナ・ケリー(2006)

以下はその拙訳です。
誤訳があれば、謝。


気になった単語:
handwriting (手書き 肉筆 自筆 手書きの文字)
automatic(自動の、無意識の、自然に沸き起こる)

For most people, the written thank-you is your best bet for an expression of warm, heartfelt thanks. The last thing you want is for someone to be disappointed when her hand-knit scarf is acknowledged with a loud, animated e-card." So says the Emily Post Institute, founded in 1946 and still an authority on principles of politeness in today's digital age. And while, in the era of Gawker and YouTube, its earnest advice may seem old-fashioned and out of touch, it does raise the question: does handwriting have a practical use today, or is it just a relic of a bygone era when children listened to their elders? Certainly, notes written by hand have the retro appeal of, say, a gift of homemade apple butter, but apart from the odd scribble of gratitude or condolence, do we really need it?
ほとんどの人にとって、ハンドライティング(手書き)の「ありがとう」は、暖かく心のこもった感謝の表し方として最善の策だ。逆にやっちゃいけないことは、彼女がくれた手編みのマフラーのお礼に、うるさいアニメーションがはいった電子カードを贈ることだ、とエミリー=ポスト研究所(1946年に設立された、今日のデジタル時代においても礼儀作法の権威)は言う。GawkerとYouTubeの時代には、このとても真面目なアドバイスは時代遅れのように見えるかもしれないが、それは的外れだ。このアドバイスはつぎのような疑問を投げかける:ハンドライティングは今日でも実用的だろうか、それとも、ハンドライティングは子供が年上の言うことを聞いていた過ぎ去りし昔の遺物なだろうか?確かに、手書きのノートには、手作りのアップルバターの贈り物のような、レトロな魅力があるが、感謝の気持ちやお悔やみの言葉を走り書きすることは除くとして、私たちはハンドライティングを本当に必要としているのだろうか。

Many educators say yes, for reasons having nothing to do with thank-you notes. Handwriting is important because research shows that when children are taught how to do it, they are also being taught how to learn and how to express themselves. A new study to be released this month by Vanderbilt University professor Steve Graham finds that a majority of primary-school teachers believe that students with fluent handwriting produced written assignments that were superior in quantity and quality and resulted in higher grades—aside from being easier to read. The College Board recognized this in 2005 when it added a handwritten essay to the SAT—an effort to reverse the de-emphasis on handwriting and composition that may be adversely affecting children's learning all the way through high school and beyond.
多くの教育者たちは、自筆の、感謝の言葉とは全く違った理由から、イエスと答える。子供は字を書くことを教わっているときに学習の仕方や自分自身を表現する方法も学んでいるという。だから、ハンドライティングは重要なのだ。今月ヴァンダービルト大学のスティーブ・グラハム教授が発表した新しい研究で、小学校の教師の大多数が、すらすらと文を書く(字がきれいかどうかは別にして)児童は量と質ともに優れた課題を提出するし、最終的に高い学力を手に入れると確信していることが分かった―読む能力が優れているかは別として。大学入学試験協会はこれを認め、2005年SAT(アメリカのセンター試験)にエッセイ(記述)を追加した。これで、ハンドライティングや作文を重視してこなかったつけを払おうとしたのだ。このままでは高校やそれ以降の段階で子どもたちの学習に悪影響を及ぼすかもしれなかったからだ。

How much instruction do kids need in cursive writing? In the 1960s and 1970s, the Zaner-Bloser Co., which has been publishing penmanship curriculum since 1904, recommended 45 minutes a day. By the 1980s, it was suggesting just 15 minutes. Today the average is more like 10 minutes, according to Handwriting Without Tears, whose penmanship curriculum is used by 5,000 school districts around the country. "We haven't added more hours to the school day or the school year, yet we've added more content, and something had to give," says Dennis Williams, national product manager for handwriting at Zaner-Bloser. In Zaner-Bloser's 2005 national survey, a majority of primary-school teachers said they spent an hour or less on handwriting a week. And Graham's study found that only 12 percent of teachers had actually taken a course in how to teach it. And, he says, educators are noticing a significant decline in the quality of students' handwriting and an increase in the frequency of problems such as letter reversals. We've forgotten one of the first rules of pedagogy: mind your p's and q's.
子どもたちが筆記体を書けるようになるにはどのくらいの指導が必要だろうか? 1960年代と1970年代には、1904年以来ペンマンシップのカリキュラムを出版してきたZaner-Bloser社は1日45分間を推奨した。 1980年代になると、わずか15分。今日の平均は、Handwriting Without Tears社によると、10分ほどだ。全米の5,000の学区でこの会社のペンマンシップカリキュラムが使われている。 Zaner-Bloserの筆記体担当デニス・ウィリアムズ氏は、「学校ではまだ指導時間を増やしてはいませんが、コンテンツを追加しました。何かを付加しなければなりませんでした。」 Zaner-Bloserの2005年の全国調査では、小学校の先生の過半数が、筆記体に週1時間ぐらいしか使っていないと答えている。グラハムの調査によれば、実際に筆記体の指導法を学んだ教師は12%しかいないことがわかった。そして、教師たちは、児童が書く字の質が落ちていること、(たとえば、逆向きの文字を書いたりする者が多くなっていること)に気付いている。私たちは教育学の第一ルールの1つを忘れている:言葉遣いに気をつける。

*Mind your Ps and Qs is an English expression meaning "mind your manners", "mind your language", "be on your best behaviour" or similar.

つづく

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ