2017年早大理工英語1番を考える(2)


Text Ⅱ
Suppose a runaway trolley is about to run over and kill five people. Suppose further that you can hit a switch that will divert the trolley onto a different set of tracks where it will kill only one person instead of five. Is it okay to hit the switch? Now, what if the only way to save the five people were to push a large person (larger than yourself ) in front of the trolley, killing him but saving the others? Would that be okay?
仮定してみよう、暴走するトロッコが今まさに5人をひき殺そうとしていると。さらに仮定してみよう、あなたはスイッチを押してトロッコを別の線路(そこでは、人が1人何らかの理由で動けないでいる?)を走らせることができ、5人ではなく1人だけが死ぬことになると。スイッチを押してもよいだろうか。また、5人を救う唯一の方法は 大柄な人(あなたよりも大柄)をトロッコの前に突き落とし、彼を死なせるが、しかし、それが他の人たちを救うことだとしたらどうだろう。それでいいのだろうか。
Most people say 'yes' to the first case and 'no' to the second in spite of the fact that (b) these cases are so similar.
Although it is easy to generate (and surprisingly difficult to defend) hypotheses about why one ought to treat these cases differently, Greene and colleagues have attempted to explain how people do in fact arrive at this puzzling pair of conclusions.
ほとんどの人は、この事例はよく似ているにもかかわらず、最初の事例には「イエス」、2番目には「ノー」 と言う。なぜ人がこれらの事例に異なった判断をするのかについて仮説を立てるのは、簡単だ(そして証明するのは驚くほど難しい)が、グリーンたちは、人々が実際どのようにしてこの不可解な2つの結論に至るのか説明しようとしてきた。
To explain the difference, they propose a distinction between what they believe *are two fundamentally different kinds of moral thinking, drawing on capacities that emerged at different stages of human evolution. On the one hand, (c) moral thinking is driven largely by social-emotional dispositions built on those we inherited from our primate ancestors. At the same time, (d) humans have a unique capacity for sophisticated abstract reasoning that can be applied to any subject matter. One might suppose, then, that human moral thinking is not one kind of process, but rather a complex interaction between (at least) two distinct types of processes: domain-specific, social-emotional responses and domain-neutral reasoning processes applied in moral contexts.
その違いを説明するために、彼らは、そこには2つの根本的に異なった種類の道徳的思考があると彼らは考えているので、ヒトの進化の、異なった段階で生じた能力に依拠しながら、その両者を明確に区別することを提案する。一方では、(c) 道徳的思考は、主に私たちが霊長類の祖先から受け継いだものの上に築かれた、社会感情的気質によって引き起こされる。同時に、(d)人間はどんな問題にも適用できる、高度な抽象的推論を行う独特な能力をもっている。だから、人間の道徳的思考とは、ある種類の何かのプロセスなどではなく、むしろ (少なくとも)2つの異なった種類のプロセス、すなわち、ある分野に特化した社会的感情的反応と、道徳的な文脈の中で適用される、どこにも属さない中立的な判断プロセスの間でおこる、複雑な相互作用だと考えてよいだろう。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ