生活物資が 私たちの体を汚染している


2017年 早大理工学部 英語 2番
seijo 17


[受験生をあわてさせる英単語]

:知らなくても、5問中4問は正解できると思う。
prostate cancer 前立腺癌
genital deformities 性器の奇形
obesity 肥満   *常識範囲
diabetes 糖尿病
infertility 不妊症  *+fertileを知っていれば推測可能
Gynecology 婦人科(医学)
Obstetrics 産科学
endocrine disrupters 内分泌腺攪乱物質



Contaminating Our Bodies With Everyday Products       

コンタあミネイトしている件 私たちの体を 日用品でもって
IN recent weeks, two major medical organizations have issued independent warnings about toxic chemicals in products all around us. Unregulated substances, they say, are sometimes linked to breast and prostate cancer, genital deformities, obesity, diabetes and infertility. この数週間の間に、2つの主要医療機関が別々に、私たちの周りの全製品に含まれる有毒化学物質に関する警告を出した。 規制されていない物質が、乳がんや前立腺がん、性器の奇形、肥満、糖尿病、不妊などの原因になっていると言う。“Widespread exposure to toxic environmental chemicals threatens healthy human reproduction,” the International Federation of Gynecology and Obstetrics warned in a landmark statement last month. 「有毒な環境化学物質への広範な被爆は、健康な人間の生殖を脅かしている」と、IFGOは先月、画期的な声明の中で警告した。The organization's focus is on endocrine disrupters, chemicals ( that imitates sex hormons and confuse the )body.その組織の関心の的は、内分泌かく乱物質、性ホルモンを捏造し、人間の体を混乱させている化学物質だ。Endocrine disrupters are found in pesticides, plastics, shampoos and cosmetics, cash register receipts, and countless other products. "Exposure to toxic chemicals during pregnancy is ubiquitous," the organization cautioned, adding that virtually every pregnant woman in America has at least 43 different chemical contaminants in her body. It cited a National Cancer Institute report finding that ''to a disturbing extent babies are born pre-polluted." 内分泌攪乱化学物質は、農薬、プラスチック、シャンプー、化粧品、レジの領収書、およびその他の無数の製品に含まれている。 「妊娠中の有毒化学物質への被爆は遍在している」と同組織は警告した。少なくとも43種類の化学物質がアメリカの妊婦の身体に存在すると付け加えた。 それは、国立がん研究所の報告書によると、 "恐ろしい確率で新生児がすでに母体内で汚染されから生まれている"ということが判明した。The other major (organization that issued a warning is the) Endocrine Society, 他の主要な警告を発した組織は内分泌学会でthe international association of doctors and scientists who deal with the hormone system. 内分泌学会は、ホルモンシステムを扱う医師と科学者の国際協会です。"Emerging evidence ties endocrine-disrupting chemical exposure to two of (the biggest health threats facing public society ) - diabetes and obesity," the Endocrine Society said in announcing its 150-page "scientific statement." 内分泌学会は150ページにも及ぶ「科学的報告書」を発表した際に、「新たに判明したデータは、内分泌かく乱化学物質がによる被爆を社会が直面している最大の脅威のなかの、2つの疾病 - 糖尿病と肥満」の原因であることを示している。It added that "コンタあミネイトしている件 私たちの体を 毎日食べる食品でもって" also ties endocrine disrupters to various types of cancer. また「山のような証拠」から、内分泌攪乱化学物質が様々な種類の癌の原因であると付け加えた。 Sometimes these problems apparently arise in adults (because of exposures before they were born ). "The threat is particularly great when unborn children are exposed," ときには、これらの問題は、(生まれる前の被爆のために)どうやら成人になってから発症するようだ。「胎児が被爆しているときの脅威は特に大きい」the Endocrine Society warned Europe is moving toward testing chemicals before they go on the market, but the United States is falling behind because of the power of the chemical lobby. )内分泌学会は、欧州は、製品が市場に出る前に、化学物質の検査をする方向に移行しつつあるが、米国は化学薬品の圧力団体の圧力のために後退していると警告した。For now, experts say (the best approach is for people to) try to protect themselves. 専門家は、当面、我々のできることは自己防衛しかない と言う。

試験問題は、ここまででですが、原文には続きがありました。
Especially for women who are pregnant or may become pregnant, and for young children, try to eat organic, reduce the use of plastics, touch cash register receipts as little as possible, try to avoid flame-retardant couches and consult the consumer guides at ewg.org.
特に、妊娠中の女性や、妊娠している可能性のある女性、そして幼児は、有機栽培の物を食べ、プラスチックの使用を減らし、レジの領収書をできるだけ触らないようにし、燃えにくい材質のソファの使用は避けて、ewg.orgの消費者ガイドで相談するようにしよう。
The chemical lobby spent the equivalent of $121,000 per member of Congress last year, so expect chemical companies to enjoy strong quarterly profits, more boys to be born with hypospadias(尿道下裂) and more women to die unnecessarily of breast cancer.
この化学薬品の圧力団体は、昨年、国会議員1人当たりに121,000ドルを使ったので、化学企業は四半期ごとの好調な利益を享受するだろうし、さらに多くの男の子が尿道下裂で生まれてくるだろうし、さらに多くの女性がならなくてもいいはずの乳がんで亡くなるだろう。

EWG: The Environmental Working Group’s mission is to empower people to live healthier lives in a healthier environment. With breakthrough research and education, we drive consumer choice and civic action. 
EWGはこちら

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ