高2英文解釈(2009年 早大教育:英語1番全訳)


2009年 早大教育:英語1番

おなじみのピンカー先生です。
引用元です。
Steven Pinker and Ray Jackendoff.
"The faculty of language: What's special about it?''.
 (Cognition 95 (2005), 202.)


The most fundamental question in the study of the human language faculty is its place in the natural world:

what kind of biological system it is,
and how it relates to other systems in our own species and others.

This question embraces a number of more specific ones.

The first is which aspects of the faculty are learned from environmental input and which aspects arise from the innate design of the brain. To take a clear example, the fact that a canine pet is called dog in English but chien in French is learned, but the fact that words can be learned at all hinges on the innate ability of children to interpret the noises made by others as meaningful signals.
人間の言語能力について研究するとき、最も重要な疑問(論点)は、自然界での、その位置(役割)である。
つまり、言語はどんな内容の生物学的システムで、
また、私たちという種や私たち以外の種では、それ(言語)は言語以外のシステムとどのように関わっているのか。
この論点からより具体的な疑問が数多く湧いてくる。
最初の論点は、この能力のどの要素を環境(インプット)から学びとり、どの要素が脳の生来の構造から生じるのかというものだ。
わかりやすい例を挙げると、
イヌ科のペットは英語ではdog(と呼ばれ)、フランス語ではchien (と呼ばれる)と(習う)と呼ばれるが、そうした言葉がなんであれ覚えられるということは、子供が他人の発する音を意味のある記号と解釈する先天的能力(にかかっている)をもっているということだ。

A second question is
what parts of a person's language ability (learned or built-in) are specific to language
and what parts belong to more general abilities.
2つ目の疑問点は、
人の言語能力の、どの部分(後天的であれ、先天的であれ)が言語に特有で、
どの部分がより一般的な能力に属するかというものだ。

Words, for example, are specifically a part of language,
but the use of the lungs and the vocal cords,
although necessary for spoken language,
are not limited to language.
The answers to this question will often not be clear-cut.
例えば、言葉は明らかに言語の一部だ。
しかし、肺と声帯の使用は話し言葉に必要ではあるが、言語に限定されるわけではない。
この疑問への答の多くはあまり明快ではない。

The vocal tract, for example, is clearly not exclusively used for language,
yet in the course of human evolution it may have been tuned to subserve language at the expense of other functions such as breathing and swallowing.
例えば、声道は言語だけに使われるわけではないことは確かだが、
人間の進化の過程で、呼吸や飲み下すことといったほかの機能を犠牲にして、言語に役立つように調整されてきたのかもしれない。



[ 5 ] is which aspects of the language capacity are uniquely human, and which are shared with other groups of animals. 3つ目の疑問点は、言語能力のどの性質が人間に特有で、どの性質がほかの動物集団と共有されているかというものだ。
This dimension cuts across the others.
この切り口は先の2つの論点と相容れない。
The system of sound distinctions found in human languages is both specific to language and uniquely human partly because of the unique anatomy of the human vocal tract.
人間の言語に見られる音声区別システムが言語に特有で人間独自のものでもあるのは、人間の声道の独特な解剖学的構造のせいでもある。
The period during which language must be acquired may be specific to certain aspects of language, 言語を習得しなければならない期間は言語のある側面に特有かもしれないが、
but it has analogues in developmental phenomena throughout the animal kingdom, most notably bird song.それは、 動物の王国の至る所に発展段階現象に似たものがある。とりわけ鳥のさえずりがそうだ。

The capacity for forming concepts is necessary for language,
as it provides the system of meaning that language expresses,
but it is not specific to language:
it is also used in reasoning about the world.
概念を形成する能力は、言語にとって必要なものである。
これは、言語が表現する意味の体系を提供するからだ、
しかし、これは言語に特有なわけではない。
なぜなら、概念を形成する能力は、世界について(論理的に判断する=推論する)考えるときにも用いられるからだ。
And since other primates engage in such reasoning,
it is not uniquely human though parts of it may be.
そして、ほかの霊長類もそのような推論を行うので、
それは人間独自のものではない。一部は人間に特有だとしても。

As with the first two questions, answers will [ 9 ] be straightforward.
最初の2つの疑問と同様に、答えが単純であることはまれだ。

They will often specify mixtures of shared and unique attributes,
reflecting the evolutionary process in which an ancestral primate design was retained,
modified, augmented, or lost in the human lineage.
答えは多くの場合、共有する特質と固有の特質が混在していると述べるだろう、
進化の過程(そこでは先祖の霊長類のデザインは保存されたり、修正されたり、増幅されたり、あるいは、血統としては途絶えたりした)
を反映しながら。

Answers to this question have clear implications for the evolution of language.
この疑問への様々な答えは、言語の進化にとって深い意味があることは明らかである。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ