高3全訳演習(法政2017)


2017 法政大(経 社 スポ) 3番の全訳       
he/she はheの立場で、couple は「夫婦」と訳した


Have you ever been out with friends and your partner, and looked at that person and asked yourself: Why can't he/she be like that with me? Perhaps they are friendlier, more thoughtful, livelier, funnier. Or perhaps the opposite is true - your partner is reserved in social situations.

あなたは複数の友達とあなたの奥さんと(いうグループ)で出かけたとき、彼女や彼らの人格(立ち振る舞い)を見て、こう自問したことがあるか。なぜ彼女は自分と二人でいるときのような人格(立ち振る舞い)ではないのだろうかと。おそらく友人たちは普段の彼らより、親切で、気が利いて、明るく、ユーモアに富んでいるだろう。あるいは、たぶんそのときの人柄と正反対の人柄が本当のはずだ。たとえば、きみの奥さんは社会的立場から(社会の常識から)遠慮(自制)しているのだ。

But it is unrealistic to expect a person to always be the same - since a couple relationship (that develops between two adults living together as a couple) is quite different from a life relationship in the wider world.

しかし、人に常に同じであることを求めるのは非現実的だ。夫婦として一緒に暮らしている二人の大人の間で展開される夫婦関係は、もっと広い世界の社会生活における関係とは全く異なっている。

We like to think we→ are always ←ourselves – but we are not, and neither is anybody else.Some people motivate you, others have the opposite effect – (結果)to limit or close your personality down.We are, at least partially, a product of the people (we are surrounded by at any given time).

私たちは自分はいつもおなじ自分だと考えがちだ。しかし、私たちはそうではないし、他の人々も1人としてそうではない。あなたにいい刺激を与えてくれる人たちもいれば、あなたを落ち込ませて、あなたの個性を発揮できないようにする人たちもいる。私たちは、少なくとも部分的には、いついかなるときも私たちを取り囲んでいる人たちの製品だ=私たちの周りにいる人たちの影響を受けているのだ

Inside the boundaries of the couple relationship, these effects are multiplied and can become completely different things. Its privacy, its everyday closeness, its bareness, its longevity, all give it a special quality, which can operate in a number of ways. Obviously, in simple mathematical terms, you spend far more time with your partner than with any other adult in the world. Even if you don't, the kind of time you spend with them is very different from the kind of time you spend in other environments.

夫婦関係の境界内では、これらの影響はさらに大きくなり、全く違った結果を生むこともある。二人だけの生活、毎日一緒にいる息苦しさ、恥じらいのなさ(おなら)、あまりにも長いつきあい、これらすべてが、夫婦関係に特別な空気を与えるのだ、これが、いろいろな形で作用するはずだ。明白なことは、わかりやすく数学的に表現すると、あなたは世界の他の大人よりも、あなたの配偶者とはるかに多くの時間を過ごすということだ。たとえ、あなたがそうでないとしても、あなたが彼女と一緒に過ごす時間の質は、あなたが他の環境で過ごす時間の質とは非常に異なっている。

In the privacy of family relationships, certain forces - which are also to some extent at play in the larger world - become emphasized and concentrated. Your partner will, in the early years of your relationship, form a picture of you (that will be difficult to remove once it has set into an attitude). This might be that you are mean/generous, lazy/hardworking, kind/cruel- anything at all, really. Given that we have a lot of trouble accepting the changes of the human personality, we tend to ignore or disregard any information that differs from the original pattern.

家族(関係)の(私)生活では、ある力が (もっと広い世界でも、ある程度起こるのだが)目立つようになり、凝縮されるようになる。
あなたの配偶者は、あなたたちがつきあい始めた頃に、あなたの人柄を認識するが、一度認識するとそれを打ち消すことは難しくなるだろう。これは、あなたが平凡/気前がいい、怠惰/勤勉、親切/残酷 - 本当に、このどれにでもなる可能性があるということだ。人柄が最初の認識と違っていたことを受け入れるのは難しいとすれば、私たちは当然最初の認識とは異なるどんな情報も見ないふりをしたり、軽視するはずだ。

At the heart of the couple relationship, therefore, is an act of creation in the head of each partner. This has a real world effect- that of partly creating the person that the observer/partner has imagined. Because once it is insisted that you are a certain way, as any schoolteacher will tell you about their pupils, you may easily become convinced that it is pointless to try to behave in any other way. Thus we create our own monsters - or heroes.

したがって、夫婦関係の核には、それぞれ配偶者が頭のなかで行う、創造という行為があることになる。これが、実際の世界に影響(観察者/配偶者が想像している人柄を部分的に創造することによる影響)を与えるのだ。教師が自分の生徒のことを語るときのように、一旦あなたは特定の方法であるこんな人間だと断定されたら、あなたは他のどんな方法で行動しようとしても無駄だと容易に確信するようになるかもしれない。こうして、私たちは私たち自身のモンスター、またはヒーローを作りだすのだ。

After the battle to define or be defined has been fought and won or lost (a process that usually takes place most intensely in the early years of a couple relationship) a new version of the person can emerge the "relationship identity" which may be quite different from the one that your partner is accustomed to.

定義する、または定義される戦いが行われ、勝ったり、負けたりした後(通常、夫婦の関係になった最初の数年の間に最も激しく行われる行程)、改訂版の人柄は、「関係がつくったアイデンティティー(本人)」として登場する可能性がある。それは、あなたの配偶者が慣れ親しんでいるものとはかなり違っているかもしれない。

A couple relationship, therefore, is a mirror, but a very strange mirror. It may reflect you accurately, if such a thing is possible. Or it may make you appear differently - magnify or diminish you, darken you or lighten you. This depends on the force and preferences of the person (you share it with), and also the flexibility of your own personality and powers of self-definition.

したがって、夫婦関係はお互いを映す鏡なのであるが、非常に奇妙な鏡だ。そんなことが可能ならば=この比喩が正しければ、その鏡は正確にあなたを映し出すだろう。さもなければ、その鏡はあなたとは違う(あなたを大きく、または小さく、暗く、または明るく)あなたを映し出すだろう。これはあなたと鏡を共有している配偶者の影響力と好みに左右されるが、あなた自身の性格の柔軟性と自己定義力にも左右される。

It may be true that some people are mostly themselves when they are behind family walls. For others, it may be that their selves have been largely created and shaped within those walls. The family home is not merely a theater, albeit one with a very small audience - it may also be a place that causes people to change, where personalities are melted and re-shaped - for good or ill.

家族という壁に守られていると、ほぼありのままの自分でいられる人たちがいるというのは本当だろう。そうではない人たちは、家族という壁の中で性格の大部分が創造され形成されるというのも本当だろう。家庭はただの劇場ではない、聴衆が非常に少ない劇場であるにもかかわらず、そこは人々を変わる気にさせてくれる場所でもあるのだろう。そこでは性格は柔らかくされて、もう一度成形されるのである、良い方向へ、あるいは、悪い方向へ(良かれ悪しかれ)。


| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ