高3英語入試問題演習 PBL (2)


But is PBL too good to be true? Beginning in the world of medical education,PBL was found to help students,teachers,doctors,and researchers to work and communicate more effectively as they tried various approaches to solve actual problems that came up in medical practice. It is certain,however,that these medical students and doctors already shared a considerable amount of background knowledge (anatomy, chemistry,mathematics,etc.) from disciplinary-based studies done prior to entering medical school. Will PBL be as effective a learning tool when students,such as undergraduates,have less shared background knowledge that they can draw on to solve problems? (2)Without the depth provided by the long-established courses of study in traditional majors,isn't it possible that interdisciplinary studies students will be too inexperienced to make deep connections and original discoveries? At this point, we simply do not know how effective PBL will turn out to be in practice.

だが,PBLは話がうますぎはしないか。PBLは,医学教育の世界で始まったので, (医療現場で生じる実際の問題を解決するためにさまざまな手法を試みるとき、)学生や教師,医師,そして研究者らがより効率的に作業し,意見交換するのに役立つように発案された。しかしながら,これらの医学生や医師たちは,医学部に入学する前の専攻科目に基づく勉強から得た,膨大な基礎知識(解剖学,化学,数学など)を以前から共有していることは確かである。学部生などの学生が問題解決のために必要となる、共有されているはずの基礎知識が乏しい場合であっても,PBLは有効な学習ツールとなるだろうか。従来の専攻方式で長年かけて確立してきた教科課程によって提供される深い知識がなければ,学際的な研究を行う学生が深い関連づけを行ったり,独自の発見をしたりするには、経験が足りなすぎるということはないだろうか。現時点では,PBLが実際にどのくらいうまく機能するのかは,全く不明だ。

More importantly,who gets to choose the problems studied in PBL? それよりも重要なことは, PBLであつかう課題を選ぶのは誰か(ということだ)。 According to the literature in the field of education,教育学(分野)の文献によれば,it is not a good idea for teachers to simply tell their students in a top-down manner what problems they are to study. 教師がただ一方的に学生に研究課題を与えるのはいい考えではない。Instead,students and teachers need to collaborate with each other,use their creativity,and come up with "ill formed" problems- fuzzy problems- that can start the research process. むしろ学生と教師に必要なのは、互いに協力しあうこと、それぞれの独創性を発揮すること、(いっしょに研究(プロセス)をスタートできる)「定型でない」問題,ファジーな問題を見つけることである。As the work and communication continues,it is hoped,the problems with the field will become clearer,as will promising ideas and pathways towards possible solutions. 望むべくは、研究や意見交換を続けていくにつれて、その分野における問題も次第にはっきりしてくるだろうし、同様に(したがって)、有力な解決策へとつながる有望なアイデアや道筋が見えてくるだろうということだ。(3)But,one wonders,what happens when the process doesn't work -that is,what happens in PBL when its problems resist all clear solutions? しかし、こんな思いも生じる。つまり、そのプロセスがうまく機能しなかったらどうなるだろう。つまり、その問題がどんな明快な解決策も受けつけなかった場合、PBLはどうなるのだろう。What if group communication doesn't go well,and students get stuck and fail to progress? グループのコミュニケーションがうまくいかず、学生が行き詰まってお手上げ状態になったら、どうなるのだろう。And how are teachers to grade individual PBL students? それに,教師はPBLで学ぶ個々の学生の成績をどのようにしてつければいいのだろうか。For example,how will they differentiate between active group leaders and less positive students who just follow other group members? 例えば、教師たちはグループの積極的なリーダーと他のグループメンバーに従うだけであまり積極的ではない学生とをどう評価(差別化)すればいいのだろう。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ