英文解釈演習 早大文(2017)2番(A)(B)


(A)
It was a hybrid of philosophy, linguistics, mathematics, and electrical engineering.
それは,哲学,言語学,数学,そして, 電気工学 のハイブリッド(合成,ごった煮)だった。
Beginning in the 1940s, cybernetics - a new vision of techno-perfection - set off the first chorus of cyber-hype about the ultimate power and value of computers.
1940年代初頭,人工頭脳工学(=技術的に完ぺきな新しい未来像)は,コンピュータのもつ圧倒的な能力と価値についての,最初の誇大広告(ネットで-盛り上がる)騒ぎを引き起こすきっかけになった。
While evoking religious faith in science, the inventor of cybernetics, Norbert Wiener, warned of the danger in ceding control of moral judgment to machines.
信仰宗教のように科学へと誘っておきながら,人工頭脳工学の発案者ノーバート・ウィーナーは,道徳的判断の管理を機械に任せてしまうことは危険だと警告した。
Shortly after Wiener delivered his warning, author Kurt Vonnegut published an anti-cybernetic novel,
ウィーナーが世間に(彼の)警告を発してから間もなくして,作家カート・ボネガットは,ある反サイバネティック小説を発表した。
Player Piano (1950) projected a world where automata do everything, resulting in a techno-tyranny ruled by machines and their slaves - button pushers, office bureaucrats, and corporate managers.
『プレイヤー・ピアノ』(1950)では,自動機械<automationがすべてを行い,その結果,機械とその奴隷(ボタンを押す人間, 省庁の官僚, 企業の経営者)によって支配されることになる工学専制政治を描いた。


As a science, cybernetics mutated into robotics and artificial intelligence; as an ideology, it provided the springboard for contemporary visions of an earthly technological heaven.
科学の見地からは,人工頭脳工学は,ロボット工学および人工頭脳(AI)へと突然変異した。しかし、思想的な見地からは,人工頭脳工学は,地上における技術の楽園という,現代人の夢にむかう第一歩(踏み台)を提供した。
Cybernetics also served as the scientific basis for stories such as those (written by Isaac Asimov, who rejected earlier fictional depictions of killer robots. )
人工頭脳工学はまた,アイザック・アシモフ(彼は, 当初見られた,殺人ロボットのような,架空のものは描こうとしなかった)による物語に科学的根拠を提供した。
Asimov's Laws of Robotics demonstrated a cybernetic guarantee (that obedience and servitude would be programmed into robot technology), =a general vision of technological safety (still employed today).
アシモフは「ロボット工学の原則」のなかで,人工頭脳工学は人間に従順であることと人間に服従することをロボットテクノロジーのなかに書き込むことを保障すると実際に書いている。それは,今日でも採用されている今になってみれば,技術の安全性についての,ごく普通の考え方であった。

(B)        reposit保管する:deposit 預ける
The most wonderful repository of knowledge in the world before modem times, the fabled Library of Alexandria, no longer exists. 現代を除けば世界で最もすばらしい知識のrepository,
伝説の「アレクサンドリア図書館」はもはや存在しない。
But the question of how it came to disappear is a mystery that suffers from having numerous possible agents of its destruction. しかし,それが消滅するに至ったかは謎である。つまり,悩ましいのはそれを破壊した可能性のある者たちが無数にいることだ。
The earliest historical personage to be accused of being responsible for the end of the library was Julius Caesar.
その図書館を破壊した責任を追及されるべき、歴史上の、最初の人物は,ユリウス・カエサル(じゅりあす・しーざー)だった。
In 48 BC, the Egyptian fleet interposed between Caesar and one of his major enemies at sea near Alexandria.
BC48年,アレクサンドリア近くの海上で,エジプト艦隊(プトレマイオス13世)が,カエサル軍と彼の強敵の1つの間に割り込んできた。
At this point, he ordered the ships in the city's harbor to be set on fire. The fire spread and destroyed the Egyptian fleet.
これを見て、カエサルはアレクサンドリア市の港内にいる船たちに火を放つように命じた。
Unfortunately, it also burned down part of the city- the area where the great library stood.
不運にも、火は街の一部、すなわち、偉大な図書館が建っている地域をも焼き払った。
Nevertheless, after this event, the library remained operative until at least the late 3rd century AD, when military action under Emperor Aurelian also caused significant damage.
しかしながら, この火事以降も,この図書館は少なくともAD3世紀の後半までは機能していた。つまり、アウレリアヌス帝Aurelius時代の軍事行動が深刻な被害をもたらすまでは。
More destruction came another hundred years later when Emperor Theodosius tried to end paganism throughout the Empire in 391 AD.
もっと大規模な破壊が行われたのは,100年後のAD391年,テオドシウス帝がローマ帝国の全域から偶像崇拝派を一掃しようと試みたときだった。
All pagan temples were ordered to be destroyed, including part of the Library of Alexandria.
すべてのパガン神殿破壊の命令が下された。それにはアレクサンドリア図書館の一部が含まれていた。


Whether the Romans under various emperors completely destroyed the library is unclear, since another individual to be blamed for the destruction was the Muslim Caliph Omar, after the capture of the city by Muslim forces in the mid-7th century.
様々な皇帝の下で,ローマ人たちがこの図書館を完全に破壊しつくしたかどうかは明らかではない。図書館の破壊を非難されるべき者がもう一人いたからである。それはイスラムのカリフ・オマルだった。それは、7世紀中ごろの,イスラム教徒の軍勢によるアレクサンドリア市占領後のことだった。
When asked what to do with the great library containing all the knowledge of the world, Caliph Omar is said to have answered,
世界中のあらゆる知識が納められている,この大図書館をどうすべきかと問われたとき,カリフ・オマルはこう答えたと言われている。
"If what is written in them agrees with the Book of God, they are not required; if it disagrees, they are not desired. Destroy them therefore."
「そこに書かれている内容がコーランと同じであるのなら、それらはいらない。そうでないのなら,それらは望ましくない。だから,すべて焼いてしまえ。」と。
But these reports were written about 300 years later by a Christian bishop who spent a great deal of time writing about Muslim atrocities without much historical documentation.
しかし,これらの逸話は, 300年ぐらいあとに,あるキリスト教の司教によって書かれた。彼はたいした歴史的文献もなしに,多くの時間を費やして,イスラム教徒の残虐行為について書いたのであった。


So who did destroy the Library of Alexandria?
それでは,いったい誰がアレクサンドリアの図書館を破壊したのだろうか。
Unfortunately, most of the writers had an ax to grind and consequently must be seen as biased.
不幸なことに,ほとんどの作者たちには研がねばならない斧=下心があったし,したがって、バイアスがかかっていた=偏見があったと考えねばならない。
The real tragedy of course is not the uncertainty of knowing who to blame for the library's destruction but that so much of ancient history, literature and learning was lost forever.
本当の悲劇は,もちろん,誰が図書館破壊したのかを今となってはもはや特定できないことではなく,とても多くの古代史,文学,そして英知が永久に失われたことである。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ