2017年早大法学部;英語(Covering: The Hidden Assault on Our Civil Rights )を読む(2)



It would be some time before I would apply that insight to my identity as an Asian-American. □2 I had spent two days in my Boston nursery school before my mother received a call from my teacher, who complained I was teaching the other children Japanese and asked my mother to stop me before I confused them beyond recall. At dinner, my parents gently impressed on me that while I should be proud to be Japanese, I should also keep it private. That was the first iteration of what would become a motto* at home: "Be one hundred percent American in America, and one hundred percent Japanese in Japan."
*原文では、a mantra

こうした見方を私がアジア系アメリカ人としての私のアイデンティティに適用するにはもう少し時間がかかるだろう(=日本人らしい立ち振る舞いを違和感なくできるようになるには)。□2 私はボストンの保育園に通ったことがあったが、通い始めて2日目、母は担当の先生から電話をもらった。その電話は、私が他の子供たちに日本語を教えている。だから、私が彼らを混乱させて取り返しがつかなくなる前に私を止めてくれというものだった。夕食の時、両親はもちろん日本人であることを誇りにすべきだが、それは内緒にしておくべきだ、と静かに念を押した。「アメリカでは100%アメリカ人になれ、日本では100%日本人になれ」が、それから繰り返し唱えられることになり、我が家のマントラ(呪文)になるのである。

□2 に、適する文はいずれか。
A Before that, I was comfortably hiding my Asian identity.
→B I was, of course, aware of the demand to assimilate to American norms.
私はもちろんアメリカの決まりに従えという要請があることに気づいていた。
C In the beginning, I was taught that true assimilation meant avoiding Asians.
D It was the realization that race does not change which resulted in this insight.
E This insight encouraged me to show off my identity.


That motto* shaped my parents' lives. They created a racial sanctuary within their Boston apartment, keeping Japanese magazines and newspapers in their bedroom. It was on their king-sized bed, beneath a massive scroll I could not read, that I tested my Japanese on newspapers whose vertical print smudged so easily under my finger. The public spaces of the apartment, where guests might roam, were filled with other books-books in English--so clearly meant for show that I never thought to read them.I once took down David Copperfield from an endless row of navy hardcovers decorated in gold. It was abridged. The shelf looked gap-toothed without it, so I quickly slid it back into place.
この呪文が私の両親の人生を変えた。両親はボストンのアパートで、人種のサンクチュアリ(聖域)を作った。寝室に日本の雑誌や新聞を持ち込んだのだ。二人の大型ベッドの上で、私には読みきれないほどの巻物(新聞)の山に囲まれて、私は新聞で自分の日本語力を試した。その新聞の縦書きの印字は触れただけで指が汚れるのだった。そのアパートの共有スペースは、ゲストが歩き回れるぐらいの広さはあったが、他の本-英語の本-でいっぱいだった。それらは疑いもなく体裁を繕うことが目的だったので、私は一度も読もうとは思わなかった。私は一度、金色で装飾された紺色のハードカバーが延々と続く列から、『デービッド・コパフィールド』を取り出した。ダイジェスト版だった。それがないと、本棚が歯が一本抜けたように見えた。私は、急いでその本を元に戻した。

As a young child, I took the motto at face value. I was usually the only Asian child in my classes. Surrounded at all times by whites, I could half forget my difference. Recently, a white friend of mine who is a Japanese literature professor said the object he most hates while in Japan is a mirror. In the absence of reflection, he can pretend he is Japanese-surrounded by Japanese, speaking Japanese, what else could he be? Listening to him, I saw my own childhood aversion to mirrors in a new light
子供のころは、私はあの呪文を言葉の通りに受け取っていた。私はたいてい、どの授業でも唯一のアジア人の子だった。四六時中、白人たちに囲まれていると、私はほとんど自分が他と違っていることを忘れることができた。最近、日本文学の教授である、白人の友人が、日本にいると鏡がとても嫌いになると言った。(鏡の)反射がなければ、彼は、日本人に囲まれ、日本語を話して、日本人のふりをすることができる。一体、日本人以外の何になれるというのか。彼の話を聞いて、私は自分も子供の頃、鏡が嫌いだったわけがわかったような気がした。


Only when I went to boarding school did I encounter Asian-Americans in any numbers. In one of my first calls home, I mentioned to my father that there were many Asians here and they even had a group. My father asked if I was planning to join it, and I said I didn't know. ''What can they teach you that you do not already know?" he asked. This sounded familiar-in Japan, he had pulled me from the Family School because only pure Japanese could teach me to be Japanese. Here, I heard him saying only pure Americans could teach me to be American. And pure, in this case, meant white. I joined the student government instead.
寄宿学校に通うようになってやっと、in any numbers何人もの?アジア系アメリカ人に出会った。確か、家に初めて電話をかけたとき、ここにはアジア系アメリカ人がたくさんいて、なんと、ひとつのグループをつくっていると父に話した。父は私がそれに加わるつもりなのかと聞いてきたので、わからないと答えた。「彼らは、おまえが知らない、いったい何を、おまえに教えられるのかい」と父は言った。これは日本では何度も言われたことだった。父がファミリースクールをやめさせたのは、純粋な日本人だけが日本人になることを教えることができるからだった。ここでは、純粋なアメリカ人だけが,アメリカ人になることを私に教えることができるとも言っていた。しかも、この場合は、純粋とは白人を意味していた。私はそのグループではなく、学校の生徒会に入った。


In hindsight, I see that my father and I misunderstood the purposes of the Asian-American group, one of which was to resist the notion that American meant white. Yet I still appreciate what my father wished for me. He wanted me to be at the center of any experience-Japanese, American, or otherwise. I will always be grateful to him for teaching me to be bold, to be unafraid of the center.
今だからわかるのだが、父と私はあのアジア系アメリカ人グループの目的を誤解していたのだった。彼らの目的の1つは、アメリカ人は白人だという考え方に抵抗することだった。それでも、私は父が私に期待してくれたことに感謝している。父は日本人としてでも、アメリカ人としてでも、他の人としてでも、とにかく私に、体験しているものの中心にいてほしかったのだ。父が私に大胆になること、中心いることを怖がらないように教えてくれたことにいつも感謝している。

I suspect other minority students were getting similar advice from their parents. Many of the racial minorities at the boarding school were likely to assimilate to white norms. Some behaviors were common across groups. Avoiding ethnic organizations was one. Choosing clothes from catalogs that featured no racial minorities was another. And each group followed strategies of its own --Asian-Americans got eyelid surgery, African-Americans straightened their hair, Latinos removed the accents from their names.
他のマイノリティの学生は両親から同じようなアドバイスを受けてはいなかったと思う。全寮制の学校にいた人種的マイノリティの多くは、白人の基準に合わせる傾向があった。いくつかの行動はグループ間でだった。民族団体に近づかないこともその1つだった。人種的マイノリティを特集していないカタログから衣服を選ぶのもそれだった。各グループはそれぞれ独自の方法をとった。アジア系アメリカ人はまぶたを手術し、アフリカ系アメリカ人は髪をストレートにし、ラテン系アメリカ人は自分の名前からラテン系の特徴を取り去った。

Did I yearn to convert to whiteness? Asian-American friends have described the turmoil they caused in their families when they came home as young children demanding to know when they would become white. I believe I accepted my race with relative equanimity because of the racial pride my parents gave me. In this regard, their strategy of shuttling their children between the United States and Japan worked brilliantly. □3Throughout my youth, they also kept reminding me that my minority status in America was an accident of geography.
私は白人になりたくてたまらなかったのだろうか。アジア系アメリカ人の友人たちは、子供のころ学校から帰ると、いつ白くなれるの?教えて、とせがんで、家族を困らせた経験を話してくれた。私は、両親が培ってくれた人種的自尊心から、自分の人種を比較的、冷静に受け入れた。この点で、子供たちを米国と日本の間を行き来させる、両親の戦略は、見事に機能したと思う。□3 私が思春期にいる間、両親は私がアメリカでマイノリテイであるのは地理的偶然であることを繰り返し思い出させてくれた。
□3
A As a result, I learned from them to disdain anything marked as Asian-American.
B Being Japanese, their decisions have been dictated by the proverb, "the protruding nail gets hammered."
C In other words, I was reminded that I would not be part of the majority in Japan.
D They helped me accept the fact that I am undeniably American.
→E They permitted me to access Japanese culture as an affirmative birthright.
 両親は、私が生まれ持った権利として、日本文化に接することを許可してくれた。


| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ