英語演習;The Meaning of the Koran (2)                  


But I should concede that I haven’t told the whole story. Even while calling Jesus the word of God — and “the Messiah” — the Koran denies that he was the son of God or was himself divine. And, though the Koran does call the Jews God’s chosen people, and sings the praises of Moses, and says that Jews and Muslims worship the same God, it also has anti-Jewish, and for that matter anti-Christian, passages.
しかし、そろそろ認めることにしよう。私にはまだ話していないことがある。イエスを神の言葉、そして「救世主の言葉」と呼んでいてはも、コーランは、イエスが神の息子、また、彼が神聖なる者であることを認めない。そして、コーランは、ユダヤ教徒のことを神が選ばれた人と呼び、モーゼの賛歌を歌い、ユダヤ教徒とイスラム教徒は同じ神を崇拝するとはいいながらも、コーランには、反ユダヤ主義の、そう、はっきり言うと、反キリスト教の行(くだり)が存在する。

The regrettable parts of the Koran — the regrettable parts of any religious scripture — don’t have to matter.
This darker side of the Koran, presumably, has already come to the attention of would-be Koran burners and, more broadly, to many of the anti-Muslim Americans whom cynical politicians like Newt Gingrich are trying to harness and multiply. The other side of the Koran — the part that stresses interfaith harmony — is better known in liberal circles.
コーランのもつ、いくつもの軽蔑に値する側面は ―いやな側面はどの宗教の聖典にもあるから― 問題にする必要はない。コーランの、この暗い側面が、どうもすでに、コーランを焼くと言っている者たちの注意を、もっと範囲を広げると、(ニュート・ギングリッチのような低俗な政治家がこれを材料にしてその数を増やそうとしている)アメリカの反イスラム教徒の多くの注意を、どうも引いてしまっているようだ。コーランの、前者と反対の側面 ―すなわち、宗派を超えた平和を唱えていること― は、リベラル派の人たちなら十分に認識している。

As for people who are familiar with both sides of the Koran — people who know the whole story — well, there may not be many of them. It’s characteristic of contemporary political discourse that the whole story doesn’t come to the attention of many people.
コーランのもつ、この二面性に精通している人 ―コーランのことをよく分かっている人― についてだが、それほど多くいるとは思えない。物事を深く追求しようとしないのが、現代人の政治的言説にまつわる特徴だ。

Thus, there are liberals who say that “jihad” refers to a person’s internal struggle to do what is right. And that’s true. There are conservatives who say “jihad” refers to military struggle. That’s true, too. But few people get the whole picture, which, actually, can be summarized pretty concisely:
かくして、「ジハード」は、善を行おうとする個人の内面の闘争のことを言っていると主張するリベラル派があらわれる。確かにそうだ。「ジハード」は軍事闘争を指すと言う保守派も現れる。それも正しい。しかし、全体像(実際には、かなり簡潔に要約することができる)を把握している人はほとんどいない。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ