高2高3 英語全訳演習5の後半 


In 44BC Cicero, the Roman Republic’s great orator, wrote a book for his son Marcus called de Officiis (“On Duties”).
紀元前44年に,古代ローマの偉大な雄弁家キケロは、自分の息子マーカスのために
de Officis(『義務について』)という本を書いた。

6
Many are worried about what such technology means for books, with big bookshops closing, new devices spreading, novice authors flooding the market and an online behemoth known as Amazon growing ever more powerful. Their anxieties cannot simply be
written off as predictable technophobia. The digital transition may well change the way books are written, sold and read more than any development in their history, and that will not be to everyone’s advantage. Veterans and revolutionaries alike may go bust; Gutenberg died almost penniless, having lost control of his press to Fust and other creditors.
多くの人が心配しているのは、大きな書店が閉店し、新しい電子ブックを読む装置が普及し、新人の作家が本の市場に大挙して参入し、アマゾンとして知られるオンラインの怪物がますます強力になるとき、そうしたテクノロジーが本にとってどのような意味を持つのかということについてだ。そうした人たちの心配を単にあらかじめ予想されたテクノロジー恐怖症だと見なすわけにはいかない。そうしたデジタルへの移行は、本の書かれ方、売られ方、読まれ方を本の歴史のどの展開より大きく変えるであろうし、それがすべての人の利益になるわけではないだろう。本に長い間関わってきた人も、本に革命をもたらそうとする人も破滅するかもしれない。グーテンベルクは、ほとんど無一文で亡くなった。フストなどの債権者たちに自らの印刷機の権利(特許)を奪われてしまったのだった。

7
But to see technology purely as a threat to books risks missing a key point. Books are not just “tree flakes encased in dead cow”, as a scholar once wryly put it. They are a technology in their own right, one developed and used for the refinement and advancement of thought. And this technology is a powerful, long-lived and adaptable one.
しかし、テクノロジーをひたすら本に対する脅威と見なすことは、とても重要な点を見落とす危険がある。本は、ある学者がかつて意地悪く表現したような、単なる『死んだ牛の皮に包まれた木の薄片の集まり』ではない。本はテクノロジーそのものであり、思想を洗練し進歩させるために開発されたもの、またそのために使われるものなのである。そして、このテクノロジーは、強力で、寿命が長く、順応性のあるものなのである。
8
Books like de Officiis have not merely weathered history; they have helped shape it. The ability they offer to preserve, transmit and develop ideas was taken to another level by Gutenberg and his colleagues. Being able to study printed material at the same time as others studied it and to exchange ideas about it sparked the Reformation; it was central to the Enlightenment and the rise of science. No army has accomplished more than printed textbooks have; no prince or priest has mattered as much as “On the Origin of Species”; no coercion has changed the hearts and minds of men and women as much as the first folio of Shakespeare’s plays.
de Officiisのような本は歴史に影響をあたえてきただけではない。歴史を形作る手助けもしてきたのである。本が提供する思想を保存し、伝え、発展させるという能力を、グーテンベルクと彼の同業者たちが別の水準へと高めたのである。他の人々と同時に印刷されたものを詳しく読むことができ、それに関する意見交換ができるということが、宗教改革を生み出す原因となった。それは啓蒙主義と科学の隆盛にとってきわめて重要なことであった。どんな軍隊も印刷された教科書が成し遂げた以上のことを成し遂げることはなかった。『種の起源』と同じくらい重要な役割を果たした皇太子も聖職者もいなかった。どのような圧政もシェイクスピアの劇の最初のフォリオ(二つ折りの冊子)ほど人の心や考え方を変えることはなかった。
9
Books read in electronic form will boast the same power and some new ones to boot. The printed book is an excellent means of channelling information from writer to reader; the e-book can send information back as well. Teachers will be able to learn of a pupil’s progress and questions; publishers will be able to see which books are gulped down, which sipped slowly. Already readers can see what other readers have thought worthy of note, and seek out like-minded people for further discussion of what they have read. The private joys of the book will remain; new public pleasures are there to be added.
電子形式で読まれる本も、同じような影響力とさらにいくつかの新しい影響力を持つことだろう。印刷された本は、書き手から読み手へ情報を伝える優れた手段である。電子ブックは、それに加えて情報をフィードバックできる。教師たちは生徒たちの学習進捗状況や疑問を電子ブックを介して知ることができるようになるだろう。出版社は、どの本が一気に読まれて、どの本がゆっくりと読まれるのかを知ることができるだろう。すでに、読者は他の読者がメモを取るに値することと思ったのが何であるのかを見ることができるし、自分たちが読んだことについて、さらに討論するために似たような考えを持った人々を探すことができるようになっている。個人で本を楽しむことは続くだろう。そして、多くの人とともに読む楽しみが新たに付け加えられるだろう。
10
What is the future of the book? It is much brighter than people think.
本の将来はどのようなものか。それは人々が考えるよりもずっと明るいものである。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ