(英語演習)投票率を上げる方法(中大法2018)


参議院選の投票率は50%を割ったという。

以下は、

現在指導中(参加者3名)の 
中央大学法律学科2018年の入試問題7番

1.
As an Australian citizen, I voted in the recent federal election there. So did about (1) (5% 35% 65% 95%) of registered Australian voters. That figure contrasts markedly with elections in the United States, where the turnout in the 2004 election for President barely exceeded 60%. In the elections for Congress that fall in the middle of a president's term, usually fewer than 40% of eligible Americans bother to vote.
オーストラリア国民として、私は最近、国内で連邦選挙の投票をした。オーストラリアの有権者のうち約(1)95%が投票した。この数字は、2004年の大統領選挙の投票率が60%をわずかに超えた米国の選挙とは著しく対照的だ。大統領の任期の中間にある議会選挙では、通常アメリカ人有権者の40%弱が投票を棄権する。
2.
There is a reason why so many Australians vote. In the 1920s, when voter turnout fell below 60%, Parliament made voting compulsory. Since then, (2) ( because of, despite, for, while) governments of varying political views , there has been no serious attempt to remove the law, which is supported by about 70% of the population.
そんなに多くのオーストラリア人が投票するのには理由がある。 1920年代に、投票者投票率が60%を下回ったとき、議会は投票を義務付けた。それ以来、政治的見解を手直ししようとしている政府(2)にもかかわらず、その法律(それは人口の約70%が支持している)を撤廃しようとする真剣な試みは全くなされないままである。
3.
Australians who don't vote receive a letter asking why. Those without an accepted excuse, like illness or travel abroad, must pay a small fine, but the number fined is less than 1% of eligible voters.
投票しないオーストラリ人は、その理由を問う手紙を受け取る。病気や海外旅行のような、公認された言い訳がない人たちは、少額の罰金を支払わなければならないが、罰金を科された人数は有権者の1%未満である。
4.
In practice, what is compulsory is not casting a valid vote, but going to the polling place, having one's name checked off, and putting a ballot paper in the box. The secrecy of the ballot makes it impossible to prevent people writing nonsense on their ballot papers or leaving them blank. While the percentage of invalid votes is a little higher where voting is compulsory, it comes (3)( anywhere, everywhere, nowhere, somewhere ) near the size of the increase in voter turnout.実際に、義務付けられているのは、有効な票を投じることではなく、投票所に行くこと、自分の名前にチェックを入れること、そして、投票用紙を箱に入れることだ。投票の秘匿性⇒投票は無記名なので、投票用紙にふざけた文章を書いたり、空白のままにしたりすることを防ぐことは不可能だ。無効投票の割合は、投票が義務付けられているところではもう少し高いが、それは投票者数の増加のサイズに近いところに(3)全く来ない=には程遠い。
5.
Because I was in the United States at the time of the Australian election. I was under no compulsion to vote. I had many reasons to hope for the defeat of Prime Minister John Howard's conservative government, but that doesn't explain why I went to some trouble to vote, (4) ( as for, by , since, unless ) the probability that my vote would make any difference was extremely small.私はオーストラリアの選挙の時にアメリカにいたので、投票を強制されていなかった。私にはジョン=ハワード首相の保守的な政府の敗北を望む理由がたくさんあった。しかし、それは私がわざわざ苦労して投票する理由の説明にはならない。私が投票しても何らかの違いを生む可能性は非常に小さかった(4)ので。
6.
When voting is voluntary, and the chance (that the result will be determined by any single person's vote is extremely low), even the smallest cost(S) -for example, the time( it takes to stroll down to the polling place, wait in line, and cast a ballot)  is(V) sufficient(C) to make voting seem irrational.
投票が自発的であり、結果が任意の1人の投票によって決定される可能性が非常に低い場合、最小のコストでさえ(S)、(例えば、投票所へぶらぶら歩いていくのに、列に並ぶのに、そして、無記名票を投じるのに、かかる時間)投票は馬鹿げていると思わせるのに十分だ。Yet if many people follow this line of reasoning, and do not vote, (5) ( a minority, most, none, vast majority) of the population can determine a country's future, leaving a dissatisfied majority.
しかし、もし多くの人がこのような考え方を踏襲して投票しないのであれば、人口の中の(5)少数派が国の将来を決定し、不満足な大多数を残すことになるはずだ。
7.
If we don't want a small minority to determine our government, we will favor a high turnout. Yet since our own vote makes such a (6) (different, huge, significant, tiny) contribution to the outcome, each of us still faces the temptation to get a free ride, not bothering to vote while hoping that enough other people will vote to keep democracy robust and to elect a government (that is responsive to the views of a majority of citizens).
私たちが全くの少数派に自分たちの政府を決定して欲しくないなら、私たちには高い投票率が大事になるだろう。しかし、私たち自身の投票がその結果にそんな(6)小さな貢献しかしないので、私たち一人一人は、フリーライドを手にしたいという誘惑にまだ駆られる。民主主義を堅持するために、(大多数の市民の意見に応えてくれる)政府を選出するために、十分な数の他人が投票してくれることを期待する一方で、投票を棄権していいというフリーライドを。
*free ride 労せずして他人の労苦から利益を引き出すこと
8.
But there are many possible reasons for voting. Some people vote because they enjoy it, and would have nothing better to do with the time saved (7)( because of them, by their vote, for the results, if they did not ) . Others are motivated by a sense of civic duty (that does not assess the rationality of voting in terms of the possible impact of one's own ballot.
しかし投票する理由はいろいろある。それが楽しいから投票する人たちがいる、だから、(7)もし投票に行かなければ節約された時間にすることはなにもないだろう。市民としての義務感(それは自分の投票の影響の可能性に関して投票の合理性を評価しない)が投票動機の人たちもいる。
9.
Still others might vote not because they imagine that they will determine the outcome of the election. but because, like football fans, they want to (8)( applaud cheer encourage support ) their team on. They may vote because if they don't, they will be (9) (in charge of, in comparison to, in no position to, in order to ) complain if they don't like the government that is elected. Or they may calculate that while the chances of their determining the outcome are only one in several million, the result is of such importance that even that tiny chance is enough to outweigh the minor inconveniences of voting.
自分たちが選挙の結果を決定すると信じているからではなく、フットボールのファンのように、彼らはチームを(8)応援したいから、投票するという人たちが相変わらずいるかもしれない。もし自分たちが選挙に行かなければ彼らは選出された政府を気に入らないとき不満を言う(9)ポジションにいないだろう=権利をなくすだろう。あるいは、彼らは、自分たちの投票が結果を決定する⇒左右する可能性は数百万分の一にすぎないが、その結果はとても重大なので、その小さな可能性でも投票のちょっとした不便さを乗り越えるには十分なものであると計算するかもしれない。
10.
If these considerations fail to get people to the polls, however, (10) (accepted voting, compulsory voting, invalid voting, voluntary voting ) is one way of overcoming the free-rider problem. The small cost imposed on not voting makes it rational for everyone to vote and at the same time establishes a social norm of voting, too. Countries worried about low voter turnout would do well to consider their compulsory model.
しかしながら、これらの考察が人々を投票に向かわせることができないならば、(10)強制的投票はフリーライダー問題を克服する一つの方法だ。投票しないことに課される小さな費用が、誰もが投票することを合理化し、同時に投票という社会的規範も確立させる。投票率の低さを心配している国々は、自分たちの強制モデルを検討するといいだろう。


| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ