高3演習;Government and expertise


2018 早大 社学 5番 パラグラフ1と2 
ちょっとした政権批判であること、

Government and expertise rely on each other, especially in a democracy.
政治(統治・支配)と専門家の~?は,互いに依存している、特に民主主義においては。
The technological and economic progress (that ensures the well-being of a population ) requires a division of labor, 技術と経済の進歩( この進歩が国民の幸福を保証する)は、分業を必要とする。
which in turn leads to the creation of professions.
この分業が、次には、専門職の創造につながる。
Professionalism encourages experts to do their best  
専門主義は、専門家を、けしかける、~するのに最善を尽くすように 
to serve their clients, 顧客にサービスを行え
respect their own knowledge boundaries, 自分たちの知識の限界を尊重しろ
and demand that their boundaries be respected by others,
またその限界が他者からも尊重されるよう要求しろ
as part of an overall service to the most important client, which is society itself.
最も重要な顧客への全サービスの一つとして。ここで顧客とは社会そのもののことだ。


Dictatorships, too, demand this same service of experts,
独裁政治も 専門家に これと同じサービスを求める。
but they extract it by threat  and direct its use by command.
しかし、彼らはそれを引き出す 脅しによって、そして、その使用を指示する 命令によって。
This is why dictatorships are actually less efficient and less productive than democracies (despite some popular stereotypes to the contrary).
こういうわけで、独裁体制は,民主主義ほど効率的でも生産的でもない
(それとは逆の, 一部のよく知られる固定観念にもかかわらず)。
In a democracy, the expert's service to the public is part of the social contract.
民主主義国家では, 専門家の国民へのサービスは社会契約の一部である。
Citizens delegate  the power of decision on many issues to elected representatives and their expert
advisers,
市民は 多くの問題の決定権を、選ばれた代表とその問題の専門のアドバイザーに deglegateする
while experts, for their part, ask that their efforts be received in good faith by a public
that has informed itself enough- a key requirement- to make reasoned judgments.
一方, 専門家は 彼らの役目として 自分たちの努力が国民のある階層に十分な信頼をもって受け入れられることを 求める,
その階層は、十分の知識をもっている-これが必要条件だ-筋道の通った判断を下すのに。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ