よく出る:「演繹(的推論)と帰納(的推論)」を英語で読む


Logicians  make an important distinction  between deductive and inductive patterns of reasoning.
論理学者は、重要な区別をする   演繹的な推論の型と帰納的な推論の型の間に
An example of a piece of deductive reasoning, or a deductive inference, is the following:
演繹的な推論,あるいは帰納的な推論の例は  次のようなものである。

All Frenchmen like red wine. すべてのフランス人は赤ワインが好きである。
Pierre is a Frenchman. ピエールはフランス人である。
Therefore, Pierre likes red wine. ゆえに、ピエールは赤ワインが好きである。

The first two statements are called the premises of the inference, while the third statement is called the
conclusion. 最初の2つの命題は、推論の前提と呼ばれる、3番目の文が結論と呼ばれる一方で。
This is a deductive inference because it has the following property
これは、演繹的推論である、これは 次のような性質を持っているので
: if the premises are true then the conclusion must be true too.
つまり,その前提が正しければ その結論も正しいにちがいない。← 性質property
In other words, if it is true that all Frenchmen like red wine, and it is true that Pierre is a Frenchman, it follows that Pierre does indeed like red wine. 言い換えれば、すべてのフランス人は赤ワインが好きであることが真実で, ピエールがフランス人だということが真実であるならば, ピエールは本当に赤ワインが好きだということになる。

This is sometimes expressed by saying  that the premises of the inference entail the conclusion. これは、ときどき その推論の前提はその結論を引き出すという言い方で表される。
Of course, the premises of this inference are almost certainly not true - there are bound to be Frenchmen  who do not like red wine. もちろん、この推論の前提は,ほとんど問違いなく真実ではない、(赤ワインが好きではない)フランス人も必ずいるからだ、
(A)
SVOC What  makes  the inference  deductive  推論を演繹的なものにするのは,
is the existence of an appropriate relation between premises and conclusion,
前提と結論の間の適切な関係の存在 である
namely that if the premises are true, the conclusion must be true too.
つまり、もし前提が真実ならば結論も真実であるはずだという適切な関係である。
Whether the premises are actually true is a different matter, which does not affect the status of the inference as
deductive. 前提が本当に真実であるかどうかは別の問題であり,そのことが,推論が演繹的であるという資格に影響を与えるわけではない。

以下、プリントで解説します。








| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ