夏休み中の指導について


7/4から配布している会報「2013年夏の勉強会について」(pdfファイルは、ここをクリック)

*「申込用紙」の<時間と回数>の記述について

2時間という学習時間は聞いているだけの授業だと長く感じるかもしれませんが、
「考える-解く-教わる-考える-解く...」という形式で勉強を進めていくと、(2時間ぐらいは)
あっという間に過ぎてしまいます。

そういった意味で、2~3時間×14回と書きました。
         2時間×14回も3時間×14回も同じ扱いです。

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ