質問:セチルアルコールがほとんど水に溶けない理由


C16H33OH

水酸基とアルキル基

水酸基-OHは 極性の大きい官能基=親水基
アルキル基-CnHn+1は 極性の小さい官能基=疎水基


からなる

1価のアルコールなので、

アルキル基が大きいほど=炭素数が大きいほど、水に溶けにくい。

水に溶けるとは、アルコールと水分子間に水素結合が起こることだから、
炭素数が大だと炭化水素基に働く分子間力が大になって、アルコール分子同士が離れにくくなる。





| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ